似顔絵の話題や運営・雑談

グーグルアップデート被弾 その1 緊急事態中

2020年5月4日グーグル変動

やられました、グーグルアップデートです。

ウェブ界隈ではアルゴリズムが変わるたびに大騒ぎですが、なぜか長年、不思議と被弾せずにいたので、油断してました。

今回の2020年5月4日のアップデートです。

5月3日までには一日200前後はあったアクセスが4日になったとたん、ガクンと半分以下に落ちたんですね…。

折しも、この日は緊急事態宣言真っただ中。私の関西から関東への引っ越し作業の中、必死に受注制作をこなし、仕事的には一段落ついたところ。「みんなコロナ対応に大変でWEB検索で旅行や似顔絵の娯楽どころじゃないんだろう、この機会に少し休むことにしよう」とお籠り自粛生活を過ごしていたらどうやらおかしい。

えげつないほどに閑散としています。

サーチコンソール画面

まるでグーグルアップデートに併せて計ったかのように落ちたアクセス

※通常の対面接客じゃないんだから、「閑散」などという言葉はオカシイのですが、WEB上にもなんとなく活気というものはあります。キレイなサイトデザインだけど、なんだか足を踏み入れがたい風が吹くような雰囲気ってたまに見ますよね。

コロナの影響なのか

今回のアップデートは実にエゲツないらしく

なんとか情報を得るためにTwitterや各所のブログを見まくりましたが

アフィリエイトやECサイト運営者から悲鳴の声が大量に。

かつてのアルゴリズムとは違う。何故か大昔に書いたアホみたいな記事が上位に出てきて、真剣に書いた凝った長文がアクセス0になってる、なんかおかしい、と。

被弾、個人運営のサイトが特にやばい。大企業のサイトばかりが検索結果に出てくる。感染症の検索が多いため、その傾向に併せて変えているのだ。動画を優先させる気だ、など、どれももっともらしい意見です。グーグルは、コロナの医療情報のデマを流させないため個人小規模サイトやブログ等を潰しにかかっているのだ、という声。

確かに、この世界中が未曾有の危機の時に、アフィリエイト目的で似非医療情報を流しまくるサイトを取り締まる手っ取り早い方法、それは個人のブログを表示させないことです。(デマを流すのは専門家ではない個人だから)

大企業のサイトや公的サイトしか大勢の目に留まらない世界になっていくのか…?

モバイル表示が問題だった

もしそうなら、もうアカンやろ、お手上げやん。と天を仰いていましたが、

いくらなんでもそんな感情的なパニック対応でテキトーなことをGoogleがやるもんだろうか、とも疑問が。

「いい記事さえ書いてたらSEOなど気にすることない」という意見があります。しかし「いい記事」とは何か。良記事だと思っているのは自分だけです。そんな善悪の感情的なものにまさか検索エンジンが基準を付けるというのか。アップデートの基準はもっと数値的かつ論理的なもののはず。

せいぜい長文の読み応えのあるものが評価される、というのがここ数年の価値感だった。だからこそ、巷に力の入った長文ブログが大量に増えたのです。

しかし、それらが今回ダメとなるともうどうしたらいいのか…。

ワイドショーが毎日感染者の数を大騒ぎしてましたが、アクセス数ももっと心配です。なんとか突破口はないのだろうか。

モバイル表示が問題だった

サーチコンソールやアナリティクスの数字を見てたら、今までなかった画面が表示されました。

サーチコンソールの画面

ウェブに関する主な指標

サーチコンソールの画面

ウェブに関する主な指標>モバイル

こんな数値のページあっただろうか。とびっくりしましたが、最近サーチコンソールで表示されるようになった指標のようです。

モバイルのサイトの表示に問題がありますよ、というお知らせです。

見事に5月4日前後で山を描いてます。

あ~これや。これしかない。私の被弾は。とガッテンしました。

モバイル表示の基準が厳しくなるとは噂されてましたが、このタイミングだとは。一応ちゃんとグーグル先生は教えてくれて警告してきてくれてる訳です。

お知らせとか見逃してました。。。。。。私に関してはコロナのせいとかではなかったですね。

とりあえず、原因らしきものが分かってよかった。

なんとかするしかありません。

グーグルアップデート被弾する その2 痩せろ!痩せなはれ!

転載・転用・盗用・無断使用はご遠慮ください

文章、画像、イラスト等、全てのコンテンツには著作権があります。転載、転用、無断使用はご遠慮ください。芸能人、有名人、著名人の似顔絵の注文は著作権・肖像権の尊守のため承れません。




-似顔絵の話題や運営・雑談

© 2012 萩谷尚子