政治家・時事系

アメリカ大統領選ふぇすてぃばる~!

祭りがはじまるよ

オリンピックのない2020年の唯一にして最大の娯楽、世界的ページェント

アメリカ大統領選挙がはじまります!

11月までこれで遊べます?!大統領選挙をネタにブログ記事にする人は歴代大統領の似顔絵イラストを無料開放してますのでぜひご利用ください!’(亡くなった人だけですが)

現在(2020年8月末)数字の上ではバイデン氏が優勢ですが、全然分かりません。以前のクリントン女史さんvsトランプさんも直前までクリントンが優勢だと見られていたのは周知の通り。

描いてみましたよ!バイデンさんの似顔絵イラスト

joseph-biden-portrait

70代も終盤、バイデン氏 アメリカ大統領候補

アメリカの大統領や選挙のどっちが優勢か、彼らの発言で、株価が上がったり下がったりします。

他国のことですが、実質上のアメリカの属国である日本、我が国もこの選挙の結果で大きく左右されます。

実は今回の民主党の大統領候補、ジョー・バイデンさんについて、私はあんまり好きじゃないです。理由は描いて楽しくない顔だからです。なんにも尖ってない。捉えどころのない善人顔です。

つまらないので、話題になっても触手がのびませんでした

キャラ立ちがある人、ない人

大好きなサンダースさんやトランプさんはキャラが立っていて、描くのが楽しい。

バイデンさんは弱いですね~存在感が。

民主党の支持者の多くの声、バイデンさんが特に好きなんじゃない。「トランプさんじゃないから」という理由だそうな。アホらしい。

アピールポイントは、父子家庭で子供を育てたから人の心が分かる、ということです。…分かりますが、近所の爺さんにもそういう人はいるよ。そもそも人間、80近くまで生きていたら、貧困だの苦学だの身内の不慮の死だの離婚だの死別だの、なんか「物語」はありますよ。あなたのまわりの高齢者の人もそうでしょう?涙なしに聞けない苦労のエピソードの一つや二つ持ってるでしょうに。

バイデンさん単に良いおじいさん、苦労人のおじいさん、が売りってどういう戦略なんですかね。

アメリカのリベラルって…。昔はそうじゃなかったろうに。今や引き出しにはそういうのしかないのか、と。

bernie-sanders-portrait

嵐のような迫力のあるアメリカのサンダース

現実的に、極左のサンダースさんより、バイデンさん推し。中庸ぽいリベラルってのが無難なんでしょうが…

高齢という不安要素。

サンダースさんも高齢ですが、あの迫力はハイインテリならではのキチっぷり・カリスマがあって良いんですよ。妖怪のジャンルに入ってますからね…。

明らかにお年を召したバイデンさん

バイデンさんは、もう、フツーにおじいさん。

反対陣営から認知症の疑いがもたれてます。信ぴょう性はともかく、口元がやばい。

総入れ歯な感じの口です。描いていて、確信しました。

中が黒々として穴のような口元は、歯の少ない高齢者特有です。緩くて弱弱しい。

アメリカの二代目の大統領のジョン・アダムスも入れ歯で、それもサイズが合ってなかったという。

その緩い感じの口元にバイデンさんは似てます。アダムスも良い大統領だったので、入れ歯系の大統領が良くないかっていうと関係ないでしょうが。

ただ歯が弱いあるいは無い人は認知症にかかる確率が高いとのデータは何度か目にしてます。

ステキオプション?ハリスさん

バイデンさんの危うい高齢のリスク。その補完がこれまたなんとも…。

女性、黒人系のハリスさんです。

民主党の副大統領候補。カマラ・ハリスさん。テレビの大統領選の報道で目にすることが多くなりました。

この人が民主党の今回の”ウリ”目玉商品なんですね。

魅力的な人です。

kamala-harris-portrait

有色系の女性の副大統領候補 バイデン氏が亡くなったらこの人が大統領になる

容姿が良いですね!(というか私は知識がないので、この人の容姿以外に感想が持てずすいません)明るく大らかな表情 パッチリした目、そして最新のヘアスタイルと肌の色に合った知的なスーツカラーはご自分の見せ方を良く心得てます。

大きな口が特に感情の共感を得る感じです。

首が太いのも良いですね!女性はたいてい首が細いのでそこに頼りがいがなく保守的かつマッチョな人には嫌われる。ドイツのメルケルも女性ですが、首が太い。私はあの人のブルドック系の容姿が長期政権の一因ではないかと思ってます。

アメリカ大統領は、不慮の死などがあると、その時の副大統領がスライドして大統領になる。だからバイデンがもし突然高齢の心筋梗塞などになった時にはこのハリスさんが大統領になりますよ!それも女性初!若い!そして有色人種!どうです?夢があるでしょう?

そのオプション付きでバイデンさんを売りますよ!ということですね。。。。なんじゃそりゃ…と思います。女性の有色人種がイカンという意味ではないので誤解なきよう。

どちらさんもピンでトップに立てないのか!ということです。

バイデンさんはハリスさんのセットでないと政権が取れない、しょうがないですね。通販でもオマケ付きで売れる掃除機は多いです。結果オーライなら良いことです。

私は、現在、終の住処を探すために不動産を回っているんですが、例えるのは何ですが「これは築70年ですが、キッチンが見事でビルトイン食洗器が最新式でステキですよ!奥さん!」と勧められているような気がするんですよ…。

多様性が足を引っ張る

そういうあれもこれもな上、何となく無難な流れなのは、しょうがないとはいえます。

「多様性」が巷で言われて数年になりますが、この価値観ってキレイですが危ういんですよ。

アレもコレも”いいね!”ということなんだから

キリスト教もイスラムもヒンズーもOK!女性も男性も白人もアジア人も有色人種もOK!金持ちも貧乏人もオールオッケー!みんなハッピーみんな違ってみんないい!ということ。

それが今のリベラル派の(表向き)の主張です。

それは一見良いことですが、裏があります。どれもこれもどのマイノリティにも”いいね!”と言った結果

その違う人々全員を満足させなくちゃいけないのです。

そんな政策なんてどこにもありゃしません。

女子であることは一枚岩ではない

例にあげると、女性という属性です

例えば「女性が輝く職場!」というお題目が巷で言われて久しいですが、まったく誰も輝いてません。。。。

女性にも色々ある。子供が沢山いる人もいればいない人もある、若い人もいれば介護を抱えた中高年もいる。どの人も満足できる職場にはなりません。「みんなで認め合って仲良くすればいいじゃない」のは不可能です。どこかに歪ができます。ほんとうに女性が輝くなら今頃、PTAや町内会、百貨店は輝いているはずです。女性の多い組織なんだから。

なぜ女性が多ければ主に活動すればするほど息苦しくヤバい場所になるんでしょうかね。そういうことです。

思い出すのがクリントン女史vsトランプ ヒラリーがフェミニストと女性たちの票を得ると言われていました。しかし終わってみたら、そんなことにはなりませんでした。

hillary-clinton-portrait

女性票を得られなかったヒラリークリントンさん

女性は一枚岩ではないのです。

女子は今度こそトップになれるか?

多様性は女性にも言えることです。全ての女性は同じではない。”違い”ます。全員がフェミ的な主張を抱いてはいないのです。そのフェミニズムも最初は選挙権の獲得!のようにシンプルなものが進化して思想が今や岐に渡ります。

昔なら一枚岩なれたでしょう。かつては女性というのは全て子供を産み、主婦となるしかなかった。専門的な仕事をすることができない、選挙にも参加できない。いわば同質的な苦境に置かれてました。「みんな一緒」です。みんなが同じ被差別者でそのプロテストはシンプルなもの。せいぜい女性たちの格差は美醜や若さのみの問題でした。

今は違います、専業主婦もいれば仕事をバリバリする人もいる。独身や既婚、学歴も違い、院卒や理系の女性も珍しくありません。子供の有無や数もです。

それぞれの立場の主張と利害があるのです。

女性=一枚岩という感覚こそ差別的です。男性なら一枚岩でないのが元々当然だからです。銀行員やヤンキー、ドライバーやコック、学者や研究者やホワイトやブルーワーカー、国や民族の違いも無視され、一律「男性」という属性で語られたりしないからです。

女性は今まで括られてきたのです。そこをフェミニストたちや先人たちが切り拓いて世の中は変わってきました。

でもいまや同じ女性でも「違う」のです。時代が変わって女性も多様化した。なのにいまだ同質的に語られているのは変です。いずれフェミニズムという学問分野もはなくなるかもしれません。女性という性で同質に括られるのは無理があるからです。

ヒラリーはある種のリベラルインテリ層には支持が得られました。でも肝心の女性たち多勢には支持を得られたとは言い難い。

ヒラリー・クリントンはエリートすぎました。弁護士で政治家。白人。普通の一般女性にとってはそのようなエリートの知的な女性というのは「共感」が得にくいものです。おまけに夫は元大統領。女性の大勢に自分たちとは”違う”と思われたのです。

ヒラリーが大統領戦に参入したその時はすでに「女性」は一枚岩ではなかった。女性という属性で票を得られる時代ではなくなった。良く言われるガラスの天井が理由ではない。

女性が女性であるから女性に応援される、というお題目が陳腐だった。目算が甘かったんです。

なんだか、その路線をまた民主党はやってそうでヒヤヒヤします。

報道では繰り返しハリスさんの”黒人で女性で若い”属性だけが繰り返され独り歩きしてます。ヒラリーが「女性」のみでは票は得られなかった。そこに今度は「有色」「若さ」をつけたら上手くいくものなんでしょうか?

通俗的な日本のマスコミの報道のせい?でしょうか。もっとハリスさんのキャラや政策の実績を言ってほしいものです。

描いてて、顔はイケると思いました。ハリスさん。人を引き付ける魅力があります。

バイデンさんポピュリズム

バイデンさんはなあ…。

私が危惧しているのはバイデンさんが「コロナがヤバければ自粛する」と言ったことです。

そらみてみろ!皆に「優しい」人はすぐ衆愚に走る!と今朝ニュース番組の前でイラつきました。

日本はすぐアメリカの真似をするから、バイデンさんが大統領になって経済を止めたら、日本も張り切ってやるでしょう。もうそれはカンベンしてほしいです。

コロナより経済を優先させることに異を唱える層が多いことは承知してますが、私はもう絶対に自粛すべきでないと強く主張します。

なぜなら私が絵という娯楽系の仕事だからです。

非常時=戦争や病が流行ったら誰も似顔絵なんて興味持たなくなるから!

例えばイソップ童話のアリとキリギリス。冬が来たら歌って踊っていたキリギリスは蓄えの多いアリに助けてもらえずに死にます。キリギリスはゲージツの人々。芝居、舞台、映画、アートの分野です。

物語はキリギリスが飢えてバカにされるだけですが、そのキリギリスが何十万人もいたらどうでしょう?

日本はコンテンツ大国。いまや大量にいるコンテンツキリギリス達が飢えたら大変なことになります。倒産や失職は当然、自殺や犯罪は多発します。そうならないように政府は今金を撒いている。

それも数か月したら焼石に水です。キリギリスはヤバいことになります。私も、もちろんキリギリスです。

だから経済止めないで!GOTOキャンペーンやれ!

※自粛推進人はご自分の立場と利益で主張したら良い。みんな”違う”んだから。中高年だから女性だからという属性でみんな同じ意見を持つべき!はファシズムだと思います。私は”自分の立場”の利益でモノを言います。

蓄えの多いアリたち…経済なんて知ったこっちゃない、自粛して俺たちの命を守れ!若者出歩くな!満足するまでPCR検査しろ!という年金暮らしの高齢者さんもいずれ自分がキリギリス寸前だと気が付くでしょう。政府は高齢者の預金にそろそろ手を付け始めるからです。

自粛して金クレクレばかり言ってたらいずれ個人の蓄えを撒かれますよ!もう、お金なんてないんだから!経済回さないと。

 

転載・転用・盗用・無断使用はご遠慮ください

文章、画像、イラスト等、全てのコンテンツには著作権があります。転載、転用、無断使用はご遠慮ください。芸能人、有名人、著名人の似顔絵の注文は著作権・肖像権の尊守のため承れません。




-政治家・時事系

© 2012 萩谷尚子