政治家・時事系

似顔絵で見る2020年自民党総裁選

げに面白きは選挙

一番おもしろい報道娯楽は”選挙”じゃないかと思ってます。人生を架けた政治家たちの政局ダービーは闘争の際たるもの。

選挙の報道が続くとアドレナリンが出て絵を描いてしまいます。過去にも描いてます。

アメリカ大統領選ふぇすてぃばる~!

2019夏の参院選:似顔絵イラスト

自民党の総裁選は直接民意が反映されないので、他人事として一番楽しめます。

特に今回の2020年は、顔が個性的な方々。似顔絵イラストにするのが楽しい方々ばかりですね!

石破茂さん菅義偉さん岸田文雄さん似顔絵イラスト

2020年の自民党総裁選のillustration

顔で判断する総裁選

顔の大きさ順で描いてみました!

もちろん一番大きな顔は石破茂さんです。年々キモカワ度が増してきています。ネコ好きなのも有名。すでに妖怪のような雰囲気ですが、一番世相を見抜いてバランスが取れている。自民党なのに左右どちらの陣営にも人気がある。経済界からも期待が一番かかってます。ただ、今回はコロナで混乱期、世相はあまり変化を望みません。派閥からの支持が得られなかったことで石破総理誕生は見送りになりそうです。菅さんの次の宰相の座を上手くゲットできるといいのですが。

菅義偉(すがよしひで)さん、あの令和のおじさん、菅官房長官は今回の本命です。自民党の派閥がまとまっています。この人が収まりがいいのは、みんなが顔を見慣れているからです。いつも安倍さんのフォロー。広報的な役割、スポークスマンしつづけた。このコロナの混乱期には大きな変化を誰も望みません。菅さんが安倍さんの政策を受け継いで、いつもと同じように淡々と語ってくれるなら安心なのです。またこの宇宙人系の顔は、とても日本の総理に多いです。竹下登さん、宮澤喜一さん、麻生太郎さん、福田さん親子といい、この顔は何故か日本の総理大臣に多いんです。

岸田文雄さんは池田勇人さんの末裔の後継者です。実は一番の実力者であるはずなんですが、コロナであまり顔が売れなかった。今回の政策も焦点がアヤフヤです。顔でいうなら、一番若くてイケメンなんです。が、どうもキョドる落ち着きのない雰囲気です。少しノッペリとした爬虫類系の顔立ちなのも不利かも。爬虫類系は日本では上から目線と思われ反感を買う(派閥にしろ民衆からにしろ)ことが多い。一番、前途有望で、安倍さんも後継者として育ててきたのに、今回は実力が発揮しきれない様子です。

政治家の顔が時代を動かす!

あくまで、顔を中心に総裁選を断じてみました!

政策の内容とはまったく関係ない観点ですよ。あくまで顔の傾向とかです。政治思想とかは専門家に任せるとして。私はあくまで顔を描く仕事をしている人なので…。

私は顔が選挙の結果を左右すると思っています。

顔相なんて全然わかんないです。が、数多くの政治家さんを描いてて、顔に政局を左右する強い何か原因あると確信してます。

政治家の多く描いていると時代の影響や変遷を感じるのです。例えばアメリカ大統領なんて、昔は首も太い軍人タイプが受けてますが、そうでもなくなったとか。日本の場合は、頭の大きい人が大きいとか。ある種の傾向を感じるんですね。

政治家の顔は変っていく

政治家の顔、もちろん生まれもった顔はあるでしょうが

年とともに容姿がどんどん変化するのも面白いです。菅さんは、若い時、恰幅のよい男前の人でしたが、大変な安倍政権のフォロー役、スポークスマンを務め続け、どんどん痩せて、目の色も薄くなり、すっかり宇宙人となってしまった。

過酷で魑魅魍魎と権謀術数の政治の世界を生き抜くには、優しい顔のままではいられません。どんどん歪み、不自然な笑顔が張り付き、眼光がギラギラとおかしくなります。

あの麻生太郎さんなんて、性格が顔を変化させてしまった典型例ですよね!

麻生太郎さんの似顔絵イラスト

コロナで麻生太郎さんのハイセンスなマスク姿が注目された

吉田茂さんの系譜のハイセンスさ、ダンディーさが麻生太郎さんの魅力です!

政治家:麻生太郎(あそうたろう)さんの似顔絵

転載・転用・盗用・無断使用はご遠慮ください

文章、画像、イラスト等、全てのコンテンツには著作権があります。転載、転用、無断使用はご遠慮ください。芸能人、有名人、著名人の似顔絵の注文は著作権・肖像権の尊守のため承れません。




-政治家・時事系

© 2012 萩谷尚子